メンズウィッグの選び方、その他

メンズウィッグを選ぶ際のポイントを幾つか細かく挙げてみましたが、その他のポイントも説明を加えて紹介しましょう。

大きくふくらまないようなメンズウィッグ

まず頭が不自然に大きくふくらまないようなメンズウィッグを選ぶことです。
普通ウィッグを被るときには、ウィッグネットというネットをかぶって髪の毛をその中に収めまして、その上からウィッグをかぶるようにします。これは自毛のボリュームをおさえて、頭が不自然に大きくならないようにするためです。
メーカーによっては、さらに頭が小さく見えるようにするために、頭にウィッグがぴったりフィットするような形で、大きく伸び縮みするような仕様で製造しています。
また、襟足から自分の髪の毛が出ているような状態ですとメンズウィッグとバレやすくなるので、襟足までウィッグが伸びるように製造することもポイントです。

このように細かく自然な見た目になっているか調べておけば、後で困ることは少なくて済みますね。

素材もチェックポイントのメンズウィッグ

その他には、.蒸れない素材で、痛くならないものを選ぶようにすることも大事です。
メンズウィッグは、見た目として自然に見えるものを選ぶこととは大前提ですが、そんなにお安い商品でもないので、選ぶときには飽きずに長時間着けることができるものを選ぶべきです。
メンズウィッグも、帽子を長時間付けると頭が蒸れるのと同様に、長時間つけていると蒸れてしまいます。

メンズウィッグは通気性も重要

メンズウィッグ各社は中が蒸れて気持ち悪くならないように、通気性が良いメンズウィッグを製造する工夫を怠っていません。
会社によっては、頭頂部分をメッシュにすることで蒸気が外に逃げるような仕様のメンズウィッグを発売しているところもあります。
また、長時間着けているとウィッグにより頭が締め付けられることから、頭痛を招くものもあります。
痛くならないように伸縮性の高い素材を使っているメンズウィッグかどうかも判断材料になります。

以上、メンズウィッグの選び方のポイントはいかがでしたか? スタイリング以外にも見ておかなければいけないポイントは多く、驚かれた方も少なくないのではないでしょうか。
メンズウィッグのスタイリングについては、着けているうちに段々、もっとこうしたい、こうあってほしいという部分が出てくることがあると思います。
そういう時には、美容院に直接持ち込んで美容師さんにカットしてもらうということも有効な手段だと思います。美容師さんに相談すれば、更に自分に合ったメンズウィッグの装着方法や手入れの方法も伝授してもらえることも多いです。悩んだ時には、大いに活用すべきです。プロの助けも借りると更にすてきなメンズウィッグとして輝いてくることになりますから、まずは気になったら、これらの選択のポイントを頭に入れて購入して着けてみることをお勧めしますよ。

新着情報

2016/03/02
メンズウィッグの選び方、その他を更新しました。
2016/02/27
もみあげが輪郭にフィットしているか?を更新しました。
2016/02/19
メンズウィッグと男性用かつらの違いを更新しました。
2016/02/12
メンズウィッグの装着のコツを更新しました。
2016/02/06
ウィッグの活用場所を更新しました。